子宮筋腫を患っている可能性あり|女性の病気ガイド

女性看護師

診察が重要

女性看護師

婦人科系の疾患は妊娠や出産が出来ない体にしてしまう要因であるため、大阪の婦人科へ行き治療を受けましょう。病院へ行く時間がない方は、ネット上で医師に相談をしてみるという手段もあります。

詳細を確認する

男性の検査

ナース

どうして妊娠しないのか原因が分からない方は、検査を受けた方が良いでしょう。原因は男性にもありますので、精液検査を受けてもらうことで確実な結果を知ることが可能です。

詳細を確認する

症状と治療方法

悩む人

子宮筋腫は40代以上の方だと4人に1人は発症すると言われています。良性の腫瘍で婦人科系の腫瘍では、1番多いです。良性の腫瘍のため転移することはありませんが、月経時の出血量が過多になる、月経痛や腰痛がひどくなるといった問題を引き起こしてしまいます。出血量が多い方は、貧血なども起こすため治療をした方が良いです。
そんな子宮筋腫ですが、詳しい原因はまだはっきりとは分かっていないです。しかし、ホルモンが関係しているのではないかと言われています。ホルモン分泌のバランスを正常化することで、予防が可能でしょう。

子宮筋腫は薬物療法、漢方薬、ホルモン治療、外科手術が一般的です。薬物療法では子宮筋腫によって引き起こされる症状を抑制することが可能で、漢方薬は体質改善のために摂取します。ホルモン分泌を正常化してくれる働きがあるでしょう。そして、ホルモン治療は女性ホルモンの働きを抑制して人口閉経させます。最後の外科手術は大きな筋腫を切除する際に行ないます。
複数の治療法がありますが、症状の進行具合によって治療内容が変わってきます。

月経時の出血量が多い、生理痛がひどい、月経期間が1周間以上もある、便秘気味が続いている、排尿の感覚が短いなどの症状がある方は、子宮筋腫の疑いが高いです。中には自覚症状がなく全く気付かないというようなケースもあります。そうなると症状が進行して外科手術を受けなければならないパターンになってしまうため、月経中に少しでも変化がある場合はすぐに医療機関を受診しましょう。

行動を改善すると妊娠する

医療

難しく考えれば考える程、ストレスで逆に妊娠出来なくなる可能性があるため、考えすぎず妊活はした方が良いです。体の不調が気になる方は医師に見てもらう、ストレスを溜めないなどに配慮をすると上手くいくでしょう。

詳細を確認する

Copyright© 2016 子宮筋腫を患っている可能性あり|女性の病気ガイド All Rights Reserved.