子宮筋腫を患っている可能性あり|女性の病気ガイド

ドクターとナース

男性の検査

ナース

妊活の1つでもある精液検査。婦人科で受けられるため、なかなか妊娠をしないと悩んでいる夫婦は検査を受けた方が良いでしょう。この精液検査で分かることは、精子の濃度や運動率、ウィルス感染や奇形率です。精子は精巣で毎日つくられていることから、ストレスや生活習慣の状態によって変化が見られます。1度だけとは言わず、何度も検査を受けて全ての結果を基に、総合的な判断をしなければならないのです。

以前までは、妊娠出来ないのは女性のせいと指摘されてきました。そのため、悔しく悲しい思いをした方も多かったでしょう。しかし、現在では不妊は男性の原因でもあると分かっていますので、検査は女性だけでなく男性も受けた方が良いのです。不妊の要因の割合は男性4割、女性4割、不明2割というようなデータとなっています。男性と女性の比較をすると半々だからこそ、双方が検査を受けて結果に基づいた治療を始めましょう。男性は精液検査が基本的となります。

精液検査はマスターベーションをして出した精子を検査します。マスターベーションは自宅と医療機関のどちらで行なうか指定が可能です。もしも、自宅で行なう場合は、病院へ行く時間を計算しながら行なわなければなりませんし、持ち運ぶ際の温度にも注意を払う必要があります。指定温度は医療機関によって異なるため、事前確認が必須です。
検査費用は医療機関によって多少のバラつきはありますが、保険内なら300~1000円以内で受けることが可能です。保険外になると5000円以上はするでしょう。こちらも予め確認をしておくと安心です。

Copyright© 2016 子宮筋腫を患っている可能性あり|女性の病気ガイド All Rights Reserved.